手元供養 メモリアルボックス

手元供養 メモリアルボックス

手元供養 メモリアルボックス

手元供養とは

これからの日本は、人口減少や少子高齢化がさらに激しくなると予想されています。また、地方から首都圏への若者の移転だけでなくその親世代まで首都圏へ移転し、子供と同居する傾向です。その為に、地方のお墓の管理はやむなく放棄し近くでお墓を管理したいといった考えを聞きます。しかし首都圏ではお墓の用地、納骨堂などの確保が厳しく、お墓の管理は困難を極めているのが現状です。手元供養は、そうしたお墓の管理が困難な方や、遺骨と離れがたい方のための第二のお墓として誕生しました。故人の遺骨を身近に置いて供養する現代供養のひとつです。 お墓にすべてのお骨を納骨せず、少しだけ分骨して手元に残すことで大切な方の存在を身近に感じることができます。 家族の絆や感謝の想いをより深く、これからも共に歩んでゆくひとつの方法として認知されています。ご自宅に置くことで、いつでも大切な人との絆を感じることができます。

メモリアルボックス

メモリアルボックスは、手元供養のひとつの方法として製作しました。当社の特徴である「造作家具、店舗什器等の設計/製造」を生かして、従来の仏壇とは違い遺骨を納めることできるようになっています。遺骨を納める際に使用する骨壺は各地で様々な形状があり、大きなサイズも複数収めることができるように設計されております。デザインは華燭を施す事無く、位牌と遺骨を納めても、お部屋の一ヶ所にまとまるようになっております。商品のデザイン、色、材質などバリエーションに富み、今後も大切な人を身近に感じたい方々のご希望に沿った製品を製作していきます。

大切な動物用も開発中です


家族の一員だった動物用にもメモリアルボックスを開発中です。一緒に過ごした大切な時間を身近に感じることができるのは従来と同様ですが、動物用に特別に考えられた製品を検討しております。

HOME > 手元供養 メモリアルボックス